LED照明で節約しながら明るい生活

LED照明のメリットデメリット

LED照明が世に出てからというもの、LEDが照明の中心になりました。

電気屋さんにはいろんなタイプのものが売られています。

LED照明に変えると電気代がお得になると言われ、爆発的に普及しましたが、メリットばかりなのか調べてみました。

まず一つめは、寿命が大変長いため、電球交換の手間がかからないことが最大のメリットです。

消費電力が少ないため、電気代が安く済みます。

頻繁につけたり消したりしても寿命が縮むことがないのも特徴です。

LED照明のデメリット

さらに紫外線が出ないため、虫が寄りつくことが少ないので屋外にも向いています。

電球型蛍光灯の時によくおこる、電気をつけてもすぐに明るくならないということもありません。

消費電力が少ないので、二酸化炭素の排出量も少ないことで環境にも優しいとされています。

それではデメリットは何なのでしょうか。

一番のデメリットは価格が高めということでしょう。近年では少しずつ価格が下がりつつありますが、それでも従来の電球型蛍光灯よりも割高です。

LED照明に変えた方がいいのか

従来のものよりも重量があります。

意外な点では360度均一に光が届く蛍光灯に対し、LEDは均一ではなく場所によって明度が異なります。

メリットとデメリットがありますが、どちらが良いのでしょうか。

電気代においては安くなることが各社の比較で明らかです。

寿命も長いので、たとえば天井がとても高い廊下の照明などにはLEDに変えておくと頻繁に取り換える手間は省けます。

電気料金は長い目で見るとお安くなりますので、検討する余地は十分にあります。

LEDライトパネルを使用するメリットはやはりコストを抑えられることです。それはランプの寿命が長いので、頻繁な交換が不要だからです。

by