知っておきたい、占い選びのコツ

占いの種類は大きく3つに分かれています

占いの種類は様々ありますが、大きく分けると、四柱推命や西洋星術などの「命(めい)」・手相や人相などの「相(そう)」・タロットカードやおみくじなどの「卜(ぼく)」の3つに分けることが出来ます。これらの占術には得意分野がそれぞれあり、一つの種類の占術で何でもわかるという訳にはいきません。そのため、占いをしてもらいに行く際には、自分の悩み事に合った占術が何であるかを知っておき、その占術を選んで視てもらう必要があるのです。

それぞれの占術には得意分野があるのです

まず、四柱推命や西洋星術などの「命」では、生年月日や出生時間などのデータに基づいて占う占術です。これは、その人の運勢や、新しいことを始めるタイミングは何時が良いか等を占うのに適しています。この占術ではたくさんのデータがあるほど詳しい結果を得る事ができますが、相手の気持ちなどを占うには適していません。次に、手相や人相などの「相」です。これらは、その形状を視る事で、その人の現在おかれている状況や今後を占い、解決策を見出します。

求めていた答えに出会えるためには

最後に「卜」です。これはタロットカードやおみくじなど、専用の道具を使用して占います。主に物事の吉凶を判断したい時や相手の気持ちを知りたい時、物事を始めるタイミングなどを占うのに適しており、悩みに対してハッキリとした決断を出したい時に向いているといえます。また、占い師によっては手相と生年月日を組み合わせるなどして、幅広い悩みに対応してくれる場合も多くあります。それに加えて、自分の悩みや置かれている状況をしっかりと伝える事や占い師との相性も、自分の望む答えが得られるかどうかに大きく関係してきます。

占い師が当たるとうれしい気持ちになります。より細かく今後の二人の将来の恋愛相談ができるところが人気です。

by